うねり取りって、本当に利益出せるの?

うねり取りという手法は、昔からよく知られている手法で、現在においても日々うねり取りを行っている人もちゃんといます。そういう私もそのうちの一人なのですが、うねり取りを実際に行ってみるとよく分かるのですが、うねり取りといっても、その内容は十人十色です。うねり取りをする人ごとにうねり取りの売買方法が違うといってよいほどです。

うねり取りをよく知らない人たちは、うねり取りは評価損が増える中で単純に買い下がりや売り上がりをするものだと思っている人もいるようで、トレードにおいてナンピンなんて、とんでもない!とか、両建てを使うのって、資金効率悪いし、両建てするくらいなら、一度利食いするか、ロスカットするかした方がいいんじゃないの?と思ってる人も結構いるようです。

しかし、うねり取りといっても、両建てを使わない方法もあるし、評価損がひたすら増える中で買い下がりや、売り上がりをする方法も確かにありはしますが、それは無計画なナンピンではなくて、しっかりと計画されたナンピンです。

そもそも、たとえば、1万株ある株を買いたいと思ったとき、1発の買いで1万株買って、1円すら上がらず、そのまま下がってしまったら、どうするのでしょうか。このとき、1円下がっただけでもマイナス1万円の評価損です。

株を買ったら、その買値から1円すら下がらず、いつもプラスの利益しかみたことないという人がこの世にどのくらいいるのでしょうか。そんな百発百中なトレード、長期にわたって行うのは、私のような普通の人には無理です。

ならば、自分がどうトレードしていくかを考えたとき、自分にできることは、建値の平均値を有利にして利益を出しやすくする、この方法しかないと思ったわけです。

うねり取りの基本は、株価が下げ止まりそうなあたりで分割買いを仕掛け、相場と対話しながら建値の平均値を有利にするように少しずつ玉を増やして、その後の上げを取るというのが基本中の基本ですが、どのように平均値を有利にしながら玉を増やしていくか、そこに様々な技術があります。ただ無計画に評価損が増える中でナンピンしているわけではありません。

また、両建てを駆使したうねり取りもありますが、確かに両建てすると、資金効率が落ちます。しかし、それを考慮しても、両建てした方が心理的に優位にトレードできることが多々あり、その心理的に優位な状態でトレードができるといのは、とても大事なことだと思っています。だいたいにおいて、損失になるようなトレードは心理的に余裕がないときに多いような気がします。

もちろん、どの時間軸でのトレードするかによっても、損失の度合いは違ってきますが、うねり取りの基本はザラバは見ない、日足ベースでの時間を味方につけた、ゆったりトレードですから、日々相場と対話しながら、玉を動かしていけば、そうそう損失になるようなことはないように思います。ただ、短期間で利益をすぐに出せるものではありません。

どんなトレード手法にもメリット、デメリットはありますので、それをよく知ったうえで、自分にあったトレード手法でトレードを行うのが利益を出しやすいと思います。