うねり取りをするときに、世の様々なニュースを参考にするのか

世の中に流れる相場に関する様々なニュースは、相場が動くと、それに合わせてニュースが出てくるのであって、ニュースが出るから相場が動くのではないと思っています。なので、私は自分が玉動かすときに世のニュースの類は基本的にまったく参考にしていません。自分が信じるものは、誰が見ても同じ客観的な事実のみです。もちろん、まったく参考にはしないといっても、大統領選のようなとても大きなイベントなどあれば、そのイベントによってどのように相場が動くのか、まったく分からないと判断したら、その時点でポジションを一度フラットに戻し、しばらく様子見してからトレードを再開したりすることはあります。

まあ、冷静に考えても、ニュースが一般大衆に出てくるということは、そのニュースを流す人がいて、自分が知るよりも前にそのニュースを知っている人がいるわけで、そのニュースによって利益を出せる手段があれば、当然、その手段を行使しているはずですよね。

ところで、短い時間軸でトレードする場合、ちょっとしたニュースで上下に振れたりしますが、長い時間軸でトレードしていると、そのようなニュースでの上下の振れはノイズのようなもので、さほど気にする必要はありません。ただ、短い時間軸でトレードをしようとすると、結構、ノイズに振り回されることになりますので、自分がどのような時間軸でトレードするかですね。伝統的なうねり取りは、日足以上の時間軸でトレードを考えますので、ザラバ中に出るニュースで右往左往することがありませんし、基本、ザラバも見る必要はありません。

ザラバみなくてもトレードできるのかと思うかもしれませんが、長い時間軸であれば、何の問題もなくトレーができます。ただ、1日の中で結構上下に動かれると、それも取りにいきたいと思ったりしますが、それをとりにいったとして、うまく利益を出せるかはまた別問題です。取れそうに思えても、意外と利益を出せなかったりしますから。なので、ザラバの動きを取る技術がないうちは、無理してザラバでトレードする必要はないでしょう。ただ、ザラバの動きを取りたいと思うならば、痛い目にあいながらザラバでのトレードを学ぶ必要があると思います。

私が日々うねり取りをしているとき、様々なニュースが流れてきますが、そういうニュースで自分のとっているポジションが狂わされないように気を付けています。むしろそのニュースの裏を読むような感じで、誰がどのような意図でこのニュースを流してるんだろうと考えたりして楽しんでいます。